『ラグナロクオンライン』の開発元である韓国グラビティが日本法人を通じて日本市場でMMORPGのパブリッシング事業を開始か

『ラグナロクオンライン』の開発元として知られる韓国グラビティ社の日本法人「グラビティゲームアライズ株式会社」が日本で新作モバイルMMORPG『ゆめいろファンタジー ラテール』のパブリッシングを行うことが判明した。

グラビティ社の主力タイトルである『ラグナロクオンライン』および『ラグナロクマスターズ』の日本でのパブリッシングはガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)が行っており、またガンホーはグラビティ社の親会社であるため日本におけるROシリーズの運営元が変わることはないと思われる。

なお韓国グラビティ社の公式サイトには日本法人について「2018年からは、日本におけるMMORPGのパブリッシング事業を推進すべく、日本国内の大手ゲーム会社において最前線で活躍していたメンバーを集め、新たなスタートを切っています」と書かれていた。

「グラビティゲームアライズ株式会社」(日本法人)

「グラビティ」(韓国本社)

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)