『黒い砂漠モバイル』後発鯖と既存鯖5つとの事実上のサーバー統合が実施1週間前に告知され不満続出!統合後は後発鯖の最上位ギルドですら中堅以下に?

2019年9月20日、パールアビスJPが運営する日本版『黒い砂漠モバイル』は9月末の大型アップデートで『サーバー連合』を実装すると発表した。

『サーバー連合』とは複数のサーバーで主要コンテンツを共有するというシステムで事実上のサーバー統合となる。

連合によって所属されるサーバー名ベディルデネブ
既存の所属サーバー名アグリス
エワズ
ダンデリオン
バレノス
メディア
アルティノ
カルフェオン
セレンディア
ハイデル
ブレディー
べリア

『サーバー連合』の詳細については前回の記事で紹介しているのでご覧頂きたい。

日本版『黒い砂漠モバイル』9月末アップデートで事実上の「サーバー統合」を実施し現行の11鯖から2鯖へ

開設3カ月目の「アルティノ」もサーバー連合へ

実施の約1週間前という急な『サーバー連合』の実装予告を疑問視する声も少なくないが、それ以上に新サーバー(※1)である「アルティノ」が既存サーバー(※2)のうち5つと同じサーバー連合になることに対してアルティノサーバーのプレイヤーを中心に不満の声が続出している。

※1:【新サーバー】とはサービス開始後にオープンしたサーバー「アルティノ」を指す。別名『後発サーバー』
※2:【既存サーバー】とは『黒い砂漠モバイル』日本版サービスインと同時にオープンしたアルティノを除く10サーバーを指す

既存サーバーと新サーバーには4カ月の差

既存サーバーと新サーバーには明確な格差が存在している。

格差の1つとしては開設時期だ。10ある既存サーバーのオープンは『黒い砂漠モバイル』の日本サービス開始と同じで2019年2月26日である。

一方の新サーバー「アルティノ」は2019年6月27日にオープンしており、既存サーバーと新サーバー「アルティノ」には約4カ月の差が生じているのだ。

そもそも既存サーバーも現時点で開設から7カ月目であり、アルティノとの4カ月の差は非常に大きいと言えるだろう。

新サーバー「アルティノ」オープン時には優遇処置もあったが…

なお新サーバー「アルティノ」オープン時には新サーバー限定で各種優遇イベントが実施されていた。

しかしながらこれら優遇イベントをもってしても既存サーバーとの4カ月の差は埋まっていない。

【イベント】[7/5 17:37 追記] [新サーバー]アルティノサーバーオープン記念イベント3種開催!

【イベント】[新サーバー]闇の精霊FESTAイベント開催!

【イベント】[新サーバー]レベル達成イベント開催!

絶対的な戦闘力ランキングの差

新サーバー「アルティノ」と既存サーバーの間には明確な「戦闘力ランキングの差」が生じている。

全てのサーバーからなる「サーバー全体戦闘力ランキング」を見ると一目瞭然で、10ある既存サーバーの所属プレイヤーはTOP100にランクインしているのに対し、アルティノサーバーは1人も入っていないのだ。

また具体的に同じサーバー連合になる既存サーバーの「カルフェオン」と新サーバー「アルティノ」のサーバー別戦闘力ランキングを比較すると以下の通りとなる。

カルフェオンサーバーのランキング(9/23時点)
1位:10490
2位:9971
3位:9955
10位:9613
50位:8950
100位:8603

アルティノサーバーのランキング(9/23時点)
1位:9351
2位:9136
3位:9125
10位:8431
50位:7615
100位:7303

全体的に戦闘力に1000以上の差がついていることがわかる。

なお『黒い砂漠モバイル』の対人戦において戦闘力1000以上の差は絶望的であり、タイマンで戦闘した場合にはほぼ間違いなく戦闘力の高いプレイヤーが一方的な試合展開で勝者となるだろう。

なぜ不満が続出しているのか

新サーバー「アルティノ」と既存サーバーとの間で大きな戦闘力格差があるにも関わらず事実上のサーバー統合である「サーバー連合」にアルティノが組み込まれてしまったことに原因がある。

具体的には「拠点戦・攻城戦」といった大規模対人戦コンテンツもサーバー連合内で実施されるため、アルティノサーバーの出身者だけが対人コンテンツで著しく不利となるのだ。

なお一部ユーザーからは「アルティノの最上位ギルドですらサーバー連合後は中堅以下に没落するのではないか」といった予想も出ている。

プレイヤーの声

プレイヤーからはアルティノサーバーが何の保障もないまま既存サーバーとのサーバー連合に組み込まれることに対して不満が続出しているので紹介したい。

解決策はあるのか 

サーバー連合は必要

まず前提としてMMORPGというジャンルのゲームを楽しむうえで『サーバー連合』(事実上のサーバー統合)は絶対に必要になってくる。

なぜならばMMORPGでは「拠点戦・攻城戦」などの各種コンテンツは参加人口が多ければ多いほど楽しくなるからだ。

逆を言えば各種コンテンツの参加人口(サーバー内人口)が減ってしまうと、場合によっては「拠点戦・攻城戦」などの対戦相手が存在せずゲーム自体がつまらないものになってしまう。

今回のアルティノサーバーの『サーバー連合』入りはあまりにも突然で、ユーザーから出ている多くの不満には共感できるものも多い。

しかしながら現時点でもゲーム内ユーザー数が少ないとされているアルティノサーバーを盛り上げるためには「サーバー連合」の参加は不可欠だろう。

アルティノサーバーだけ『サーバー連合』入りを遅らせる?

一部のユーザーからは「アルティノサーバーだけサーバー連合入りを遅らせるべき」といった意見も出ているがこれはアルティノ勢力(ギルド)がより不利になるだけだろう。

今回のサーバー連合は5~6サーバーが同時に1つのサーバーになるため、サーバー連合実装後はサーバー内の情勢が大きく変動することが予想される。

この時期であれば上手く立ち回ることでアルティノサーバーのギルドであっても新規メンバーを獲得できるチャンスがあるのだ。

しかしアルティノサーバーだけがサーバー連合に後から合流するパターンだと、すでにサーバー連合内では新秩序が出来上がっており、その中ではアルティノサーバーのギルドは一方的に引き抜かれる側となってしまうだろう。

これらの事情も考慮すると『サーバー連合』への合流は他のサーバーと同時期であるべきだ。

既存サーバーと後発サーバーの差は必然的

一般論としてMMORPGにおいてはプレイ期間の差は戦闘力に直結するものである。

ゆえにアルティノサーバーと既存サーバーとの差は「プレイ期間の差」であることから必然的とも言えるだろう。

今回の事案を問題視して極端にアルティノサーバーのプレイヤーのみを優遇すると今度はプレイ期間の長い既存サーバーからの不満が出てくる可能性もあるのだ。

アルティノサーバーのプレイヤーへ丁寧な説明と対応が不可欠

ではアルティノサーバーのプレイヤーに何が必要なのかと言えば、運営による丁寧な説明である。

「アルティノサーバー」のプレイヤーがサーバー連合によって不利な立場になることは事実であり、これについて運営には説明する義務があるだろう。

また場合によっては既存サーバーのプレイヤーから不満が出ない範囲でのアルティノサーバーのプレイヤーに対するささやかな優遇策(アイテム配布など)も実施すべきかもしれない。

なんにせよ特定のプレイヤー(アルティノサーバーのプレイヤー)に対する説明もないままサーバー連合を進めるのは少々乱暴ではないだろうか。

【お知らせ】[9/20 19:20 追記] サーバー連合・継承クラスの実装予定に関するご案内

2 件のコメント

  • 告知が1週間前ってだけでも異常なのに、新規鯖との合併は悲惨すぎる・・・・

    カルフェオン鯖とアルティノ鯖だけでもこんだけ差がついてるのに合計6鯖での合併なんでしょ?
    TOPギルドだったはずがライトユーザーのギルド以下になるだろうし こんなんモチベ無くなるだろ

  • 「MMORPGでは「拠点戦・攻城戦」などの各種コンテンツは参加人口が多ければ多いほど楽しくなるからだ」

    とはいうけど、盛り上げてくれるはずの統合先の上位陣が萎えて引退とかしたらやるだけ無駄では……?

  • コメントはお気軽にどうぞ

    コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)