Apple、消費増税実施まで1週間に迫ったタイミングでAppStoreの値上げを発表 便乗してAndroid版を値上げするアプリが続出へ

2019年9月23日、米国Appleは日本国の消費税増税に合わせてAppStoreの課金価格を値上げすると発表し、各ゲーム会社は急遽対応に追われる形となった。

値上げは240円からの課金に適用され、240円で10円ほどの増加、そして9800円では200円の増加となる。

日本のApp Storeの価格に影響を与える税金の変更について(Apple開発者向けサイトより)

タイトルによってはAndroidも値上げ

今回の値上げはApp Store(iPhone/iPad)に限定されるものだが、大多数のゲームタイトルは全てのストア価格の価格を統一するという名目でGoogle Play(Android)やAmazon AppStoreなども同時に値上げされる予定だ。

※実際のストア価格についてはゲームタイトルによって対応が異なるため直接確認してほしい。

各ゲームタイトルの対応

以下、有名タイトルの対応。

パズドラ

2019年10月1日(火)より「AppStore」「GooglePlay」「AmazonAppstore」「auゲーム」で値上げを実施

今回の値上げによって「魔法石85個」の価格が5000円から5020円になってしまい、ユーザーからは「20円が余計だ」「5020円は買いにくい」といった不満が続出している。

モンスト

2019年10月1日(火)より「AppStore」「GooglePlay」で価格を改定

今回の価格改定では一部値上げがあるものの、高額課金では課金石1個あたりの額で値下げとなる。

変更前:「オーブ175個」9800円(オーブ1個あたり56円)
変更後:「オーブ180個」10000円(オーブ1個あたり55.555円)

黒い砂漠モバイル

2019年10月1日(火)より「AppStore」「GooglePlay」で価格を改定

今回の価格改定では一部値上げがあるものの 、値上げ分の「課金石(パール)」が追加支給されるためほぼ相殺となる。

【お知らせ】[9/26 18:43 追記] iOS 消費税率改正に関する対応についてのご案内

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)