『黒い砂漠モバイル』接続障害に便乗しTwitter公式アカウントに成りすまして「サービス終了」と虚偽の告知を行ったユーザーが炎上

『黒い砂漠モバイル』接続障害に便乗しTwitter公式アカウントに成りすまして「サービス終了」と虚偽の告知を行ったユーザーが炎上へ

接続障害の発生

2019年10月4日(金)のお昼頃、パールアビスJPが運営するモバイルMMORPG『黒い砂漠モバイル』でゲームへの接続障害が発生した。

【お知らせ】一部環境において、正常にログインが行う事ができない現象に関するご案内

『黒い砂漠モバイル』では10月3日(木)にも複数回にわたってゲーム内での遅延といったサーバーが不安定な状態が発生しており、2日連続の「接続障害」の発生に対してユーザーからは不満や不安・心配する声が多く出ていた。

便乗した悪質なデマの拡散

そういった状況の中で『黒い砂漠モバイル』の公式Twitterアカウントを装った成りすましアカウント@darkness_desert(既にID変更済み)が出現し、下記のようなツイートをおこなったのだ。

問題のツイート

※こちらは成り済ましアカウントによる悪質な虚偽ツイートであり、公式のものではないので注意してほしい。

公式Twitterアカウントと同じユーザー名とアイコンを使用して「サービス終了」と虚偽の告知をおこなっている。

また前述の通り10/3(木)から10/4(金)にかけて2日連続で接続障害が発生していたタイミングだったこともあり、ユーザーの不安に付け込む悪質なデマと言えるだろう。

運営は虚偽の告知に対して異例の注意喚起

『黒い砂漠モバイル』運営公式Twitterアカウントは基本的にイベントやメンテナンス情報の告知のみを行っているのだが、今回の件を重く見たのか異例の注意喚起をおこなっている。

犯人の特定

この悪質なツイートの犯人はすぐに判明。

なぜならば悪質なツイートを行った Twitter アカウントは個人用のアカウントのアイコン・ユーザー名・IDを変更しただけのものであり、過去のツイートなどを閲覧できる状態となっていたのだ。

犯人は実際にゲームをプレイしているユーザーA氏(仮名)で、当たり前ではあるが「虚偽の告知」に対する批難が殺到し炎上状態となった。

犯人A氏の言い分

A氏は炎上した後、Twitterを通じて以下のように述べている。

要するに内輪ネタのつもりでツイートしたはずが目を離したすきに拡散されてしまったとのことだ。

すぐに特定されてしまうような過去ツイートを残したまま公式Twitterアカウントの成り済ましを行っていたことから、本人は本気で「内輪ネタ」のつもりだったのだろう。

犯人A氏の所属ギルドの反応

犯人A氏の所属先のギルドは直接関係ないのだが「所属メンバーの不祥事」に対して謝罪と処罰の検討を発表している。

他のユーザーの反応

今回の成り済まし事件に対して他のユーザーから様々な反応が寄せられているので紹介したい。

バカッターすぎる

身内の悪ノリが過ぎて犯罪に…は世の中によくあるから気を付けよう

公式のツイッターが偽アカウントに注意してくださいって告知出すレベルで大事になってるやん

昨日公式でサービス終了ってお知らせ見たんですけどあれも嘘なんですか?装備全部売っちゃいましたよ!

ほんと迷惑極まりない業務妨害なツイートだよな

こいつが悪質なのは投稿した時にアイコンと名前を公式とまったく同じにしてたとこだな

たとえ「内輪ネタ」や「冗談」であっても誰もが閲覧できる状態で「サービス終了」といった虚偽の告知を行えば一般ユーザーだけでなくゲーム内の仲間、そして運営会社まで巻き込む騒動となってしまうのだ。

今回を教訓に同様の事件が再び起こらないことを祈りたい。

1 個のコメント

  • 風説の流布で訴えられるレベルじゃん
    こういうクズってどうやって育ったら出来るんだろうな
    今後も犯罪を行うクズだから処罰されたほうがええよ

  • コメントはお気軽にどうぞ

    コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)