【韓国】オープンワールドMMO『リネージュ2M』は2019年下半期に韓国でリリース予定、日本での販売も計画中

2019年5月10日(金)、韓国NCSOFTが実施したカンファレンスコールの中で『リネージュ2M』の韓国での配信時期と日本サービスについて言及がありました。

リネージュ2Mとは

PC版『リネージュ2』のIPを活用した次世代MMORPGで完全シームレスなオープンワールドを目標に製作中。

インスタンスダンジョンやチャンネル方式を使わず、ゲーム中に数百人のプレイヤーがレイドボス討伐や攻城戦にリアルタイムで参加できるようなゲームです。

2019年下半期に韓国でリリース予定

まず『リネージュ2M』は2019年下半期に韓国でリリースできるよう現在も開発中とのことです。当初のアナウンスでは2019年上半期となっていたため、「開発がやや遅れている」といった印象があります。

気になる日本サービスは

NCSOFTは『リネージュ2』のIPが日本での認知度が高いと前置きをした上で、日本での発売も計画していると明らかにしました。

なお『リネージュ2M』の海外サービスについて具体的な国名が挙がったのは『日本』が初めてとなります。

参考までに最近の韓国でリリースされたMMORPGの日本サービスが開始されるまでの期間は『リネージュ2レボリューション』で約8ヶ月、『黒い砂漠モバイル』で約1年、『リネージュM』で約2年となっており、『リネージュ2M』も相応の時間差があるかもしれません。

[컨콜] 엔씨소프트, “블레이드&소울S, 올 가을 출시한다”

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)