「Google Playベストオブ2019」MMORPGジャンルでは『黒い砂漠モバイル』と『ラグマス』の2タイトルのみがノミネート入り

2019年11月11日、Googleは今年リリースされたモバイルアプリを表彰するイベント「Google Playベストオブ2019」のノミネートタイトルを発表した。

「Google Playベストオブ2019」 は一般アプリも多数含まれており、決済アプリ『PayPay』やアプリゲーム特化型のライブ配信アプリ『Mirrativ』などもノミネートされている。

またゲームアプリでは『ブロスタ』や『マリオカートツアー』、『ドラゴンクエストウォーク』など話題を集めたタイトルたちが目立つ。

MMOは2タイトルのみ

しかしモバイルMMORPGのジャンルは2019年に10本以上のタイトルがリリースされたものの、『黒い砂漠モバイル』と『ラグナロクマスターズ』の2タイトルのみのリリースとなった。

2017年の『リネージュ2レボリューション』の特大ヒットを切っ掛けに以降、海外・国内から数多くのモバイルMMORPGがリリースされたものの成果を出せたタイトルは少ないのが現実だ。

来年も数多くのモバイルMMOのリリースが予定されているが果たして『リネレボ』を超える大ヒットは生まれるのだろうか。

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)