『アッシュテイル』、ギルマスによる「会ったらお金あげる」等のセクハラ発言を発端にギルド崩壊へ

可愛らしいグラフィックで女性からの人気も高いスマホMMORPG『アッシュテイル』ですが、とあるサーバーでセクハラを発端にギルドが崩壊するという事件が発生したのでお伝えします。

事件の発覚

事件が起こったギルドの元メンバーがTwitter上で告発したことで全容が明らかになりました。

元メンバーの告発によると、某ギルドの団長(他ゲームにおけるギルドマスター)がギルドメンバーの複数の女性に対して日ごろから出会い目的のセクハラ行為をおこなっていたそうです。

セクハラの手口についてですが、団長はdiscordと呼ばれる通話機能の付いた外部アプリでコミュニティを作成しており、中身が女性だと分かったプレイヤーを誘導し通話やチャットなどを通じてセクハラ行為をおこなっていました。

相手にされず「お金」で釣るも・・・

しかし女性プレイヤーからは相手にされず、団長は「会ったらお金あげる」といった買春を示唆するような発言をするも、やはり相手にされなかったそうです。

なおセクハラ被害を受けたとある女性プレイヤーによるとセクハラ発言も大概ですが「通話中にマイクに向かって息を吹きかける行為が特に不快だった」とのこと。

ギルドメンバーからの追求

手当たり次第にセクハラ行為を行った結果、当然のごとくギルドメンバー全員にその行為が知れ渡ることになり、ギルドメンバーから団長へ追求が始まります。

しかし当の団長は「はーい」との返事のみで反省する様子もなく、さらには唐突に「ここのうんえいのゲームの幻想神域、星界神話ではサブマスターしております」と意味不明なことを言い出したため、呆れ果てたギルドメンバーが次々と脱退しギルド崩壊へと至りました。

最後に

ギルドに加入する際に「どのような雰囲気のギルドなのか」「どんな人が居るのか」といったことが分からない方がほとんどだと思います。

実際のところギルドの内情を事前に調べる術もあまりないため、入ってみないと分からないことが多いので、今回のようなセクハラ事件に巻き込まれない術はないのかもしれません。

ただ、セクハラなどのハラスメント行為はたとえゲームであっても許されるべきことではないので、もし被害に遭われた場合には泣き寝入りせずに告発するのも1つの手です。

今回のセクハラ事件はオンラインゲームの負の面ではありますが、実際のところ良識あるプレイヤーの方が圧倒的に多く、万が一にもこういった事件に巻き込まれたとしても大勢の方が被害者の味方をしてくれるでしょう。

 

『アッシュテイル』公式サイト

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)