『FF15』を原作としたモバイルMMORPGが開発中であると判明!

 2020年1月7日、日本のスクウェア・エニックスのIPである『ファイナルファンタジー15』(FF15)を原作とした新たなモバイルMMORPGが開発中であることが判明した。

FF15を原作としたモバイルMMORPGは韓国のJSC GAMESと中国のGaea Mobileが共同で開発中とのことだ。 なおゲームエンジンはUnreal Engineを使用している。

中国市場でのパブリッシャー(運営会社)は上海東方明珠グループが担当し、それ以外の地域のパブリッシャーは現時点で不明となっている。

原作FF15で体験できたアクション・グラフィックをモバイルでも

FF15を原作としたモバイルMMORPGは大規模なマルチプレイを中心にプレイヤー間の協力と、簡単なタッチ操作だけで原作を超える戦闘を楽しむことができる。

開発企業の1つであるJSC GAMESによると「没入度の高いストーリーと魅力的なキャラクター、JRPG特有の感性をよく入れた作品で、原作で体験できた 派手なアクションとグラフィックレベルをモバイルで実装するために最善を尽くしている」とのことだ。

リリース時期は…

なおFF15を原作としたモバイルMMORPGは2020年上半期中に「トレーラー映像」を公開予定とのことで、正式な発売は未定となっている。

파이널판타지 15, 모바일 MMORPG로 개발

12 件のコメント

  • コメントはお気軽にどうぞ

    コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)