香川県のゲーム利用時間規制に対する皮肉が話題に「香川県は糖尿病による死亡者数が多いため、うどんを規制してはどうか」

香川県議会が「子供のゲームやネット利用を規制する条例案」を検討している件に対する鋭い皮肉が話題になっている。

※香川県の条例案については下記記事を参照

【賛否】香川県が高校生以下のゲームの利用時間を平日60分・休日90分に制限する条例を検討し批判殺到へ

うどん規制という形で皮肉られる

Livedoorニュースに掲載された記事【「ゲームよりうどん」糖尿病による死亡者が多い香川県に規制を提案】では香川県のゲーム規制に対して「糖尿病による死亡者数が多いため、うどんを規制してはどうか」と書かれている。

糖尿病に苦しむ人の数と、ゲーム依存症に苦しむ人の数。どう考えても糖尿病に苦しむ人の方が多い。ゲーム依存症に苦しむ人がいるからゲームを規制してもいいと言うなら、うどんはもはや規制待ったなしのレベルなのである。
 たとえ規制したとしても、普通の人は一週間でうどんを3杯も食べないのだから、大多数の人には影響は無い。香川県民も健康になって大喜びだろう。さあ、香川県よ! うどん規制条例を制定するのだ!!
 なに? 大きなお世話だ? そんなの各自が自制すればいい? はい、ごもっともごもっとも。それは今回の条例案についてもまったく同じである。大きなお世話にもほどがある。

さらに下記引用のように自分の利害にかかわらない物事に対して簡単にケチをつけることができると締めくくられていた。

うどんを常食していない人が、他人のうどん食にケチを付けることは簡単だ。少なくとも僕は、週にうどんが3杯に制限されようと困らない。困らないから何とでも言える。それはゲームについても同じことだ。

この記事をTwitter上でシェアしたツイートは現在1.8万RT/2.7万Favされネット上で話題となっており、多くのユーザーから様々な意見が寄せられているので紹介したい。

ネットの反応

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)