ゲームのプレイ時間を規制する条例について保護者の約50%が賛成、一方で反対は25%に止まる結果に

「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleapがインターネットを通じて小学生以下の子を持つ親1178名に「ゲーム規制に関する意識調査」を実施した。

気になる結果は・・・

ゲームのプレイ時間を制限する条例について「良いと思う」「どちらかと言えば良いと思う」と答えた保護者の数は合わせて約半となる49.75%となった。

一方で「よくないと思う」「どちらかと言えばよくないと思う」と答えた保護者の数は合わせて25%に止まり、「どちらとも言えない」の25%と並ぶ結果となっている。

ソース元: https://hoken-room.jp/money-life/7950

ネット上ではゲームユーザーを中心に「ゲーム規制」に関する話題に対する批判が多く見られたが実際に小学生の子を持つ保護者たちの大多数は規制にポジティブのようだ。

ネットの意見

ごく自然な結果

賛成してる層って規制を目先の効果だけで軽く考えてるよなあ、これ

寝る前に歯磨きしましょうレベルの話を条例で決めるとか他によっぽどやることが無いのか

時間の使い方に条例が口を出すってのがそもそも狂ってる

香川県のゲーム規制条例、こうやってネットやゲーム全般に拡大解釈されて拡散されるから問題があるんですよ。ソシャゲガチャや依存症が本質なのに独り歩きしてる。

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)