『リネレボ』特定スキル使用時に「キャラクター位置の同期ずれ」が発生するも原因はユーザーの通信環境にあると主張、さらには公式大会で同期ずれが発生しても対応しないと告知し批判殺到へ

ネットマーブルジャパンが運営するモバイルMMORPG『リネージュ2レボリューション』で現在発生している「キャラクター位置の同期ずれ」問題について公式側から正式アナウンスが行われた。

それによると「キャラクター位置の同期ずれ」とそれに伴う各種問題は通信負荷が高い状況でのプレイによって発生するとのことだ。そのため『リネレボ』運営は通信状況が良い環境でのゲームプレイを推奨している。

また2月1日より実施される公式大会『LRT season4』において同期ずれが発生した場合による再試合は実施しないとのことで、ユーザー側の方で自衛する必要があるようだ。

現在確認されている同期のずれとLRTの対応について

「特定スキル」によって 「キャラクター位置の同期ずれ」 が発生する説も

なお運営側は「通信負荷が高い状況でのプレイによってキャラクター位置の同期ずれが発生する」としているが、現役プレイヤーからは特定スキルによって発生するのではないかとの指摘が出ている。

そのスキルとは盾職パラディンのスキル「ヴェンジェンス」と、盾職シリエンナイトのスキル「チェーンヒドラ」だ。

これらのスキル「ヴェンジェンス」と「チェーンヒドラ」は他のプレイヤーに使うと自身の元へと強制的に引き寄せることができる。

しかし、ある時期から「ヴェンジェンス」「チェーンヒドラ」のスキル攻撃を受けたプレイヤーに位置の同期ずれが発生し、挙動がおかしくなる現象が多発している。

以下、ユーザーの報告

ユーザーの反応

「キャラクター位置の同期ずれ」の問題は以前からあったものの、残念ながら運営側から「原因がユーザー側の通信環境にある」といったニュアンスで告知が出されてしまった。

また問題が解決されることもなく公式大会が実施され、さらには公式大会の試合中に問題が発生しても「再試合を実施しない」という決定に対してユーザー達から不満が多く寄せられているので紹介したい。

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)