日本人プロゲーマーが過去に中国・韓国や日本の皇室などに対してヘイトスピーチを繰り返していたことが判明し所属チームやゲーム会社が異例の声明発表へ

日本テレビ傘下のeスポーツチーム「AXIZ」(アクシズ)に所属するFujioka選手が過去に自身のTwitterアカウントで中国人・韓国人・日本の皇室などに対してヘイトスピーチを繰り返していたことが判明し炎上した。

Fujioka選手がプロゲーマーとして所属するチーム「AXIZ」や、プレイしているゲームタイトル『リーグオブレジェンド』の運営会社であるRiot Gamesが今回の事案に対して異例の声明を発表している。

※以下、衝撃的なヘイト発言が含まれているので閲覧の際には注意して欲しい。

ヘイトスピーチの発覚

Fujioka選手は2020年2月1日に日本テレビ参加のeスポーツチーム「AXIZ」に加入した新人選手だ。

AXIZ加入後にFujioka選手がアマチュア時代から使用していた個人Twitterアカウントをそのまま『AXIZ所属のFujioka選手のアカウント』として使用したことで過去のヘイトを含む悪質なツイートが掘り起こされ炎上に至った。

Fujioka選手のヘイト発言

Fujioka選手のヘイトスピーチの対象は中国人や韓国人、日本の皇族である愛子様、女性、障碍者など多岐に及んでいる。

さらにはヘイトスピーチの他に『リーグオブレジェンド』の代行プレイ(レート上げ)の募集ツイートなども確認できた。

所属eスポーツチーム「AXIZ」の対応

2020年2月5日、Fujioka選手が所属するeスポーツチーム「AXIZ」は問題のツイートはプロゲーマーになる前であるとしつつも「許されるものではない」として謝罪、そしてFujioka選手に対して厳重注意すると声明を出した。

また2月8日にはFujioka選手の選手登録を他の選手と交代という形で解除すると発表しており、さらに2/11時点で「AXIZ」の公式サイトに掲載されている選手リストからFujioka選手は削除されている。

RiotGamesが異例の声明発表へ

Fujioka選手の過去に発したヘイトスピーチが露見したことにより『リーグオブレジェンド』の開発元であるRiotGamesが異例の声明を発表した。

声明の中でRiotGamesは今回の騒動に関して謝罪し、プロプレイヤー登録時のプロセスを大きく改善する必要がある認識を示し、具体的には「審査の厳格化」「(ヘイトを行わない趣旨の)プロプレイヤーの宣誓書の提出義務化」「(宣誓書に対する)虚偽申告への罰則」などの対応を実施するそうだ。

ネットの反応

なお筆者がこの記事の編集中にパソコンの操作を誤りFujioka選手のヘイト発言のスクショが壁紙に設定されてしまったように誰にでも誤りはあることなので、Fujioka選手にはしっかりと反省してもらい自身の才能を活かせる場で再び活躍してもらいたい。

7 件のコメント

  • 小学生や中学生ならまだ若いから反省して~って思えるけど、もういい年した成人でしょ?
    反省も何もないし、こういう人間性は治らなと思うから世に出ないでほしい。
    非常に不快です。

  • コイツにチャンス上げろとか言ってるバカは同レベルのゴミだな
    いい年して分からんのかね~

  • 人間、根っこの部分はそうかわらないからなぁ
    寛容な心で許すべきとはいっても発言の中身がちょっと酷すぎる

  • Eをつけたとしてもスポーツと名乗るなら、プロ野球選手やプロサッカー選手と同様に厳格な対応をするべきだと思うので、この処分は妥当だと思いますね。

  • コメントはお気軽にどうぞ

    コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)