パールアビス『黒い砂漠モバイル』日本版のマネタイズ改編について言及「毎日安定した売上が発生するよう進めている」1周年のタイミングで改編か?

2020年2月13日、韓国パールアビスは2019年の年間総実績とゲームサービスと今後の計画についての説明を実施した。

その中で現在日本で運営中のモバイルMMORPG『黒い砂漠モバイル』について言及があったので紹介したい。

日本版『黒い砂漠モバイル』はマネタイズの改編中

『黒い砂漠モバイル』の売上が低迷しているサービス地域(日本)に対する対応と戦略について質問があり、パールアビスは以下のように答えている。

まず日本市場ではMMOジャンルに限界があった中でも日本版のローンチは良い評価を得て最高の売上高を記録した

その後は緩やかな売上減少が継続し、パールアビスとしてもこれを克服する課題だと認識している。

またアップデート時に売上が集中する結果として売上高に波があるがこれを低減するとして、毎日安定した売上が発生するようにショップやパック商品の改編する準備をしている。

日本ではもうすぐ『黒い砂漠モバイル』1周年を迎え、2020年は過去のサービス経験をもとにより多様なコンテンツでユーザーを集めていく。

日本市場は収益性の改善が必要であることを問題として認識しており、長い期間「日本版1周年」に向けて準備してきた。

1周年のプロモーションやイベントを通じてサービスを盛り返すよう努力する。

http://www.inven.co.kr/webzine/news/?news=233998

2019年12月にも「マネタイズ改編」について言及

2019年12月に日本のゲームメディア4gamerを通じて公開されたインタビュー記事の中でも 『黒い砂漠モバイル』のマネタイズ改編について言及されているため、日本版1周年を機に変わるのはほぼ確実と言えるだろう。

4Gamer:
 そのお話の空気感的に,あくまでも可能性の話ではありますが,マネタイズの変更すらあり得る……?

李氏:
 可能性の1つです。まずは1周年までに,あらためて「黒い砂漠MOBILEは本当に面白いゲームだ」という気持ちを,我々も自信をもって送れるようにと準備を進めていきます。

https://www.4gamer.net/games/391/G039124/20191219067/

黒い砂漠モバイルとは

『黒い砂漠モバイル』はパールアビスが開発・運営するモバイルMMORPGだ。

キャラクターカスタマイズはモバイルMMORPG最高レベルの自由度を誇っており、自分だけの好みのキャラクターを簡単に創り出すことができる。

100を超えるフィールドマップでの狩りや毎日2回開催されるワールドボス討伐などMMORPGらしいコンテンツはもちろんのこと、ゲーム内の村を行き来して貿易をおこなうコンテンツ「ワールド経営」自分だけの拠点を好きにカスタマイズできる「領地システム」などのサブコンテンツが充実しているのも特徴だ。

ゲーム内の村を行き来して貿易を行うワールド経営
自分の領地では釣りもできる

ギルド同士がゲーム内エリアの占有権をかけて戦う「拠点戦」や「攻城戦」などの大規模対人戦も熱い。

『黒い砂漠モバイル』は気軽にモバイル環境でMMORPGを楽しみたい方にお勧めしたいタイトルだ。

『黒い砂漠モバイル』公式サイト

3 件のコメント

  • うんまあ大変に面白い作品で、毎日コツコツとローンチ直後からプレイしています。
    ただおま国仕様のペイトゥウイン要素がキツ過ぎて、対人プレイは手を出しにくい部分もあったり。
    今まで何回かペイしたのはほとんどペットに突っ込むという無茶な遊び方をしているって所も大きいけど、ガチャ要素のコストパフォーマンスの悪さは絶望感を新規ユーザーにくれて回ってる感もあり、けっこうフェードアウトしていく人も少なくないと感じています。
    長くやると楽しいんですけどねー

  • 対人は札束ゲーだね
    廃課金が相手だと人が束になっても勝てない

    でもゲーム自体は無課金でも遊びつくせるから好き

  • コメントはお気軽にどうぞ

    コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)