【スマホ】『フォートナイト』が30%のプラットフォーム税に反発した結果、AppStore GooglePlay2大ストアから削除され全面戦争に突入か

バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』の開発・運営元である Epic Gamesが「AppStore」「GooglePlay」の2大ストアでの売上から徴収されるロイヤリティ料(※)に反発し、8月13日にアプリ外から課金できるシステムを実装した。

※一般的には30%と言われているが実際にはアプリのサービス期間によって下げられる場合もある。

これに対してAppStoreを運営するAppleはガイドライン違反を理由に『フォートナイト』をストアから削除。Appleに続く形でGoogleも同様に削除する対応をとった。

ストアからの『フォートナイト』削除を受けてEpic Gamesは即座にAppleを相手取った訴状を公表している。またEpic Gamesは現時点でGoogleへの対応は示していないがAppleと同様の対応を取る可能性もある。

Epic Gamesの目的

あくまでも筆者の憶測に過ぎないが、一連の騒動におけるEpic Gamesの真の狙いはAppleの独占状態にあるアプリストアの市場開放ではないだろうか。

アプリストア市場が開放されることによってロイヤリティ料が下がる可能性が高いだけでなく、Epic Gamesストアが参入する余地も生まれるだろう。

というのもEpic Gamesは2018年に30%のロイヤリティ料を徴収しているPCゲームプラットフォームのSteamに対抗する形で、割安な12%のロイヤリティ料を掲げたEpic Gamesストアを立ち上げゲームプラットフォームに参戦しているのだ。

ゲーム開発会社の1つに過ぎないEpic Gamesはプラットフォーマーになる野望を持っているのかもしれない。

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)