韓国でリリースされたスマホゲー『ポケットトレーナーDX』が露骨なポケモンパクリだとして炎上

2020年12月末に韓国でリリースされたAndroid向けアプリ『ポケットトレーナーDX』が露骨なポケモンパクリゲームだとして韓国国内で物議を醸している。

大抵のパクリゲーは本家と少しだけ“差異”を付けてリリースするのだが『ポケットトレーナーDX』は格が違う。

なんとゲーム内に登場するキャラクターは全て株式会社ポケモンが保有するIP『ポケモン』を丸パクリしているのだ。

しかも驚くべきことにパクリゲーのくせに“そこそこ”クオリティが高いのである。

そう、パクリゲーのくせに…

『ポケットトレーナーDX』のプレイ動画

開発元は謎のメーカー Fanya Game LTD

『ポケットレーナーDX』 をリリースしているのはFanya Game LTDという企業なのだが所在地は明らかにされていない。

カスタマーセンターや開発者の連絡先として使用されている電子メールアドレスは独自ドメインではなく「outlook.com」や「gmail.com」といったフリーメールだ。

またFanya Game LTDに関する情報も一切なく、現時点では開発者の素性はおろか、国籍さえも分かっていない。

なぜ偽アプリが野放し?

偽アプリが野放しなのには理由がある。

Google Playのガイドラインによると「マーケットに登録されたゲームの監視義務を負わず、著作権侵害が疑われる届出があった場合に対応する」といった趣旨のことが書かれている。

つまり偽物アプリのリリース前に振るい落とす仕組みは存在せず、実害が出てから権利者が申し立てを行って初めてGoogle Play側が動き出す仕組みなのだ。

韓国ユーザーは被害者

誤解のないように伝えておくが『ポケットトレーナーDX』をプレイしている韓国ユーザーの中には本物のポケモンゲームであると勘違いしている人も多い。

つまり韓国ユーザーの大多数が 『ポケットレーナーDX』 の被害者なのだ。

おそらくは近いうちに権利者の申し立てにより『ポケットトレーナーDX』はGoogle Playから削除されると思われるが、その際に“課金”が返金される保証はない。

本家『ポケモン』を“丸パクリしたデザイン”と“そこそこのクオリティ”があれば、おそらくは日本でも同じように本物と誤解していまうユーザーが出てくるだろう。

なお韓国の各種メディアは『ポケットトレーナーDX』を批難する記事をだしており、韓国のネットユーザーからもパクリゲーに憤る意見が多く出ている。

パクリは許されない”というのが日韓共通の認識だ。

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)