【悲報】中国資本の日本企業が運営する韓国開発のアプリ『ブルーアーカイブ』が悪質なDDoS攻撃を受けてしまう

2021年2月13日、 中国資本の日本企業Yostarが運営する韓国NAT Gamesが開発したモバイルアプリゲーム『ブルーアーカイブ』は「何者かによってサーバーにアクセスを集中させる悪質な攻撃を受けた」ことを明らかにした。

Yostarは「取り急ぎ防衛策の調整に取り組んでおります」とコメントを発表し、現在も対応策が練られているようだ。

なお開発元であるNAT Gamesは『HIT』や『V4』の開発を担当したことでも知られている。

みんなの反応

なお『ブルーアーカイブ』のゲーム世界は“治安が悪い”という設定のためユーザーからは「ゲームだけでなく現実でも治安悪いな」といったユーモアのあるコメントが多く寄せられている。

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)