20代の課金額は月平均4191円 「アイテム・キャラ入手のためのお金は惜しみたくない」

サラ金などの事業を行うSMBCコンシューマーファイナンスは「20代の金銭感覚についての意識調査2021」を公表しました。

それによると20代の課金実態として「ゲーム課金をしている20代」は12.2%、課金額の月平均は4,191円とのことです。

またゲームに対する意識アンケートの結果は「お金を使ってでもゲームを有利に進めたい」に「そう思う」と答えたのは13.0%「お金を使わないと楽しく遊べない」は14.9%「アイテム・キャラ入手のためのお金は惜しみたくない」は15.0%でした。

そしてゲームのキャラクターやアイテムへの価値観について「レアアイテム・キャラを入手すると誇らしい」に「そう思う」と答えた人は34.4%となっています。

一方でゲーム課金について「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%「ゲーム課金に後悔したことがある」20.1%という結果となっており、約5人に1人がゲーム課金に後悔した経験があることが判明しました。

20代の金銭感覚についての意識調査2021

1 個のコメント

  • 着せ替え以外には課金したくない。逆に言えば、推しの着せ替えにはジャンジャン課金したい。

  • コメントはお気軽にどうぞ

    コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)