『コロプラ』、セルラン順位操作のため取引先に課金を依頼したことが判明。しかし不自然な点も…

2019年6月21日(金)、国内大手のアプリ開発会社『コロプラ』はIRを通じて「コロプラの従業員がセールスランキングの順位操作を目的として自社資金をもとに取引先に課金をするよう依頼した」ことを明らかにしました。

このニュースは各種メディアを通じて報じられ、半ば炎上のような状態になっています。

セルラン順位操作の不正行為

コロプラの発表によるとコロプラの従業員2人がセールスランキングの順位操作を目的として、コロプラの自社費用850万円をもって自社タイトル「最果てのバベル」に課金するよう取引先の企業に依頼したとのことです。

またこの取引先は2019年6月13日、実際にコロプラの自社費用を使い「最果てのバベル」に課金した可能性があるとのこと。

コロプラは今後の対応として取締役会を開催し第三者を含めた調査委員会を立ち上げ厳正かつ徹底した調査を実施するとしています。

ユーザーの反応

今回のコロプラによる自社資金を使った課金行為に対して批判の声が多く上がっています。

一方で「850万円ではセルランを動かせない」といった声もあり、コロプラの従業員2人による独断で会社に損害を与えたとの見方もあります。

不自然な動機

多くの方が指摘しているように「850万円セルランを動かすのはほぼ不可能」であり、そのことは関与した従業員と取引先企業も承知しているはずで、あまりにも不自然な動機です。

もしかすると他の目的があり、それを隠すために「セルランのために会社資金を使った」と説明している可能性もあります。

またコロプラの発表では「取引先が2019年6月13日に実際に課金した可能性がある」とのことですが、実際に850万円のうちいくら使われたのかといった詳細な情報は出ていません。

細かい資金の流れを追っていくと他の目的が見えてくるかもしれませんね。

コロプラのIR

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3668/tdnet/1723409/00.pdf

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)