【韓国】『リネージュ2レボリューション』ユーザーから弱いとの指摘を受け新種族「カマエル」の上方修正を実施へ

Netmarbleが開発・運営する韓国版『リネージュ2レボリューション』ではカマエル実装から1カ月以上が経ちますが、どうにもカマエルの性能がやや物足りない調整となっており、プレイヤーからは「上方調整」を求める声が多く上がっていました。

そういったユーザーの声を受けて韓国版運営チームはカマエルのスキル改善アップデートを約束し、7/31アップデートで反映させています。

また今回の「カマエル」スキル改善アップデートの意図についても説明がされているので詳しくご紹介します。

※以下、韓国運営(開発)チームの見解です。

デゥームブリンガーについて

デゥームブリンガーは重装備アタッカーで古代剣(両手持ち)を使用し、突進スキルなどを得意とするクラスです。

デゥームブリンガーは敵に瞬間的に近付くことができる強力な突進スキルを使用して、短い時間の間に多くのダメージを与える重装備アタッカーとして企画しました。

しかし移動型スキルは攻撃の命中に難があり、敵にデスマーク(カマエル専用弱体化デバフ効果)を付与することは容易ではないという言葉をいただきました。

また突進した際に敵から集中砲火を浴びてしまうといった意見も多くいただいています。

そのため一部スキルの効果範囲を増加させデスマークを従来よりも簡単に付与することができるようにして「ソウルスキル」の使用時に獲得するバリアの数値を増加 させて生存力を高める方向に改善しようとします。

スキルマスタリーを通じて確率的に加わるスキルダメージ増加の効果の発生率が低いという点も共感しました。

スキル発動確率を従来よりも大幅に増加させて不快感を減らす代わりにスキルダメージ増加値を小幅減少させ、バランスを維持しようとします。

トリックスターについて

トリックスターは軽装備で石弓を武器としてデバフ効果などを巧みに操る遠距離攻撃クラスです。なお「弓」との違いですが、石弓は射程距離は弓未満、攻撃力は弓以上というデザインとなっています。

トリックスターは様々な範囲デバフ効果とデバフによる妨害と遠距離攻撃を活かした生存能力の高さによって継続的にダメージを入れるスタイルの軽装備アタッカーで企画しました。

ワイルドフロスト(※1)の「魂保有効果」(※3)がフェナットレートショットの「魂保有効果」(※2)よりも効率が高いことにより、 「魂保有効果」の使用の選択の幅が狭くなる 惜しい現象が発生しました。

※1:フェナットレートショット(アクティブ)
前方に放射状の強力な貫通矢を2回発射して敵に大ダメージを与える
魂保有状態で使用すると威力が増加

※2:ワイルドフロスト(アクティブ)
極寒の矢を発射して直線状の敵にダメージを与える
魂保有状態で使用すると追加効果が発動

※3:魂保有効果
全てのカマエルは通常攻撃成功時に一定確率で「魂」をストックできる。
「魂」を保有した状態で特定のスキルを使用すると追加効果を得ることが可能

フェナットレートショットの魂保有効果のスタン持続時間を従来よりも増加させる方向に 効率を高め、より戦略的に「魂保有効果」を選択して使用できるようにしたいです。

魂保有効果をよりよく使用できるようにシックソウルマスタリー(魂を入手できるパッシブ)の再使用時間も減少させて 魂の供給を円滑にすることはもちろん、継続的な攻撃が可能になるよう改善する予定です。

ソウルハウンドについて

ソウルハウンドはローブでレイピアを武器とする魔法クラスです。

ソウルハウンドは防御面はやや不足ですが、様々な範囲スキルを使用して周辺を焦土化することができる能力を備えた範囲魔法アタッカーとして企画しました。

またメイジクラスでローブを着ていますが武器にレイピアを使用することが特徴です。
しかし、やや不足している防御面が浮き彫りになって生存能力が足りていない傾向がありました。

生存能力が増加するスキルであるディスプロテクション(※1)の再使用時間を減少させ生存能力の向上に直接的な影響を与えることにしました。

※1:ディスプロテクション(アクティブ)
闇のオーラで自分を包み込みHPシールドを創ります。

またダークストーム(※2)の効果範囲を増加させ、 スプレッドフォース(※3)の詠唱時間を減少させ 複数のスキルの連携使用によって短時間でダメージを加える方向によって生存能力を高めます。

※2:ダークストリーム(アクティブ)
ストームソウルを召還して周囲に強力なダメージを与えます。

※3:スプレッドフォース(アクティブ)
前方に闇のオーラを放射状に噴出して敵にダメージを与える。
「魂」を保有している状態で使うと追加効果が付与されます。

まとめ

ドゥームブリンガーは特徴である突進スキルをうまく使いこなせない上に敵に突っ込むと集中砲火を浴びてしまうとの意見が多かったため、スキル効果範囲を増大させ、さらにバリア付与の数値を増加させる上方調整を実施しました。

トリックスターは「魂保有効果」の選択肢がほぼ1択だったのを2択に増やす上方調整を実施しています。トリックスターはスタンや凍結といったデバフを操るので地味にうざいと思います。

ソウルハウンドは生存能力が低いとの指摘が多かったため、自己バリアの効果を増加、さらに「やられる前にやっちまえ!」の理論で火力スキルが強化されています。

これらの調整は韓国版7/31アップデートで実装されましたが、日本版の「カマエル」実装時にこれらの調整が反映されているかは今のところ不明です。
もしカマエル上方アプデが反映されていたのならば運営GJですね。

なお日本版『リネージュ2レボリューション』(リネレボ)では8月23日の配信2周年記念のタイミングで新種族「カマエル」の実装や新サーバーのオープンを含む大型アップデートの実施を予定しています。

それに合わせて「カマエル」事前予約イベントを実施しているので興味のある方は登録してみてはいかがでしょうか。

『リネージュ2レボリューション』カマエル特設サイト

2 件のコメント

  • まあ日本はカマエルよりも他の職さえ合わせてないけどね
    カマエルだけこれをしちゃうとやばいねー

  • 突進が集中放火されるって、じゃあスレイヤーのリーブアタックはどーなんや!
    飛んだ瞬間死ぬぞ。

  • コメントはお気軽にどうぞ

    コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)