中国でドラゴンボールのIPを使用したMMORPGが開発中

中国のゲーム会社「巨人網絡」(GIANT NETWORK)は「ドラゴンボール」のIPを活用したPC向けMMORPG『ドラゴンボール:時空伝説』を開発していることを明らかにした。

『ドラゴンボール:時空伝説』 は中国版の公式サイトも立ち上がっており、5月にはβテストも実施されている。

ゲーム内容

プレイヤーは悟空や亀仙人など「ドラゴンボール」に登場するキャラクターを使用してゲーム世界に旅立つことになる。

またプレイヤーの戦闘力はキャラクター単体の強さだけでなく他のキャラクターを集めることで高めることができ、他のキャラクターは イベントやミッションを通じて入手できる。

また原作に登場する必殺技もスキルとして実装されており、ド派手な戦闘が期待できそうだ。

ライセンスと日本版について

同作は「正規のライセンスを受けている」とのことで、公式サイト下部にはバンダイナムコのロゴも掲載されているためパクリではないようだ。

また日本版について正式なアナウンスは一切ないが、同作にはバンダイナムコグループが関係しているようなので日本サービスもあり得るかもしれない。

「ドラゴンボール:時空伝説」(中国語)

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)