『V4』配信日・事前登録・職業(クラス)・韓国情報まとめ

2019年8月14日、ネクソンはNAT GAMESが開発したモバイルMMO『V4』の詳細を発表した。

なおNAT GAMESは『HIT』『OVER HIT』の開発元であり、今回発表された『V4』は『HIT』を原作にしているとのことだ。

V4とは

『V4』は実写風のグラフィックスで作られたPCRPG志向のモバイルMMORPGだ。また同作はモバイルRPG『HIT』を原作としている。(後述)

『V4』とは「Victory For」の略称とのことで、直訳すると「~の勝利」となる。

またゲームエンジンはUnreal Engine4を使用して開発されており、円滑にプレイするならばiOSなら「iPhone7」、Androidなら「Galaxy s7」以上の端末が必要だ。

原作は『HIT』

※『V4』の開発元であるNAT GAMESは『HIT』『OVER HIT』の開発元でもある。

『V4』はモバイルRPG『HIT』を原作として世界観を共有している。しかしアクションRPGである『HIT』とMMORPG『V4』では異なる志向のため、ゲーム性においての繋がりは薄いと考えていい。

ただしアクション演出やカメラワークなどは『HIT』の影響を大きく受けており、『V4』の至るところに『HIT』開発で積んできたノウハウが使われている。

職業

『V4』には6種類の職業が用意されており、それぞれ特有の戦闘方法とシステムを備えている。またキャラクターカスタマイズの自由度も高く、50種類以上のパラメータを調節して自分だけのオリジナルキャラクターを作成することが可能だ。

なお『V4』における職業は全てが攻撃的であり、タンカーやアタッカーヒーラーなどのロールの概念は存在しない。ただし職業毎にヒールやバリア、バフなどのパーティメンバーやプレイヤー自身をサポートするスキルは存在する。

またプレイヤーはゲーム世界において「デビルハンター」として活動し、戦闘中に鬼のハンターなどに変形して有利に戦うことができる。

ナイト:片手剣と盾を使用するクラスで攻撃するたびにゲージを取得し、一定数値以上のゲージが溜まったら、これを放出しスキルを強化し、クールダウンリセットが可能である。

マジシャン:一般スキル使用時にエネルギーを獲得し、戦闘中にリソースを消費するたびに特別なエネルギーを獲得する。5つの特別なエネルギーを取得する場合、「解放スキル」を使用することができる。

ブレイダー:短い短剣と片手剣を使用するクラスで、連携スキル中心に設計されている。

ウォーロード:両手ハンマーを使用しているクラスで、現在のHP量に応じて異なる速度で「怒り」のエネルギーを獲得し、これを消費してバフとスキル強化の効果を得る。

アクセラー:近・中距離混合クラスで、斧と大砲を用いて距離に合わせて戦闘を行う。

ガンスリンガー:遠距離攻撃クラスで、合計10個のスキルをスロットに合わせて交換しながら使用する。過熱ゲージを管理スキルを強化することができる。

複数のカメラモード

戦闘状況や利便性に応じて、プレイヤーは全5種のカメラモードから1つを選択することができる。

一般的なバックビューカメラ(キャラクターの背後)、クォータービュー(見下ろし視点)、アングルが固定されている「プレビュー」が基本となり、最もダイナミックな構図を自動的に取ってくれる「アクションビュー」とボス戦限定で使用可能な「ボスビュー」が存在する。

インターサーバー

インターサーバーとは新たなゲームサーバーの概念で、複数のサーバーが「サーバー群」として1つにまとめられる。

「サーバー群」内のサーバー所属プレイヤーであれば他のサーバーのフィールドや拠点などに出入り可能で、一緒にボスを倒したりPvPで戦うことも可能だ。

『V4』におけるサーバーとはプレイヤーの所属を表す緩やかな勢力のようなもので、プレイヤーキャラクター名の下に「サーバー名」が表記される。

また一度に数百人単位のプレイヤーが集まっても無理なくゲームが進行可能とのことだ。

ゲーム内コンテンツ

インターサーバーを前提にサーバー内で完結するものや、複数のサーバー間で行われるコンテンツが用意されている。

サーバー最高のギルドとプレイヤー

コンテンツとしてサーバー内の最高のギルドとプレイヤーを決めるシステムが存在する。

これが投票なのか、それともPvPコンテンツなのかは今のところ不明だ。

対人コンテンツ

基本的に『V4』における対人コンテンツは小規模PTやソロプレイでスポーツ的なPvPは追及していないとのことで、開発陣営が考えているのは「ゲームリソースの奪い合い」(領土など)によるプレイヤー同士の葛藤だ。

『V4』のメインは「領土戦」や「フィールドボス」を巡る戦いなど、ギルド単位のPvPとのこと。

サーバー間の領土戦

サーバー間で領土を奪い合うシステムが存在する。

パーティプレイ

他のプレイヤーとパーティを組むことができるが、パーティを組むことのメリットはさほど大きくないようだ。

生活コンテンツ

採集や生活のコンテンツが存在する。

装備品

装備品の入手先として開発陣は「フィールドドロップが最も楽しい経験になる」と考えているそうだ。

取引機能

アイテムのトレード機能が実装される場合にはサーバーの垣根を超えた「サーバー間での取引」が可能になる。

動画

配信日・事前登録

韓国での配信日は2019年11月を予定している。

なお日本版については現時点で言及されていない。

コメントはお気軽にどうぞ

コメントは承認制となっています。反映まで最大24時間ほどかかるのでご了承下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)